地山補強土の性能(変位)照査

近年では地山補強土で、性能(変位)照査を求められることがあります。現在求められる地山補強土の性能(変位)照査は以下に大別できます。

@地震時(L2)の変位量
A近接構造物がある場合の変位量

@については、2007年1月に改訂された「鉄道構造物等設計標準・同解説(土構造物)」に沿った検討が良くされています。極限釣り合い法である「ニューマーク法」による変形照査です。

常時 L2地震時

一方、AについてはFEMがよく使われています。逆巻などを含め、施工順など変位を意識した詳細な検討も可能となっています(解析にはのり面工のFEM解析が可能な「土留丸」を使用)。

モデル 掘削途中 地山補強土完成