高強度の地山補強土工

 一般的な概念として、アンカー工は高強度、地山補強土工は低強度という認識はあります。では地山補強土工にはどのくらいの強度があるのでしょうか?
 
地山補強土工法の材料強度
 先ずのり面に使われる一般的な鉄筋(ネジ節鉄筋も含む)の引張強度は以下の通りです。よく使われるのはD19〜D25であり、50〜100kNの材料強度であるといえます。
 
鉄筋径 引張強度(kN)
D19  57.3
D22  77.4
D25 101.3
D29 128.4

 またこの他には中空棒綱などの材料もあります。 引張強度は100〜160kNくらいあります。

材料名 材料径 引張強度(kN)
SPレッグドリル SP32 104.6
SPソイルネイル SP29 136.1
SPアンカー SP29 136.1
OSDPロックボルト φ28.5 128.9
IBOアンカー R32 105.8
NNSロッド φ28.5 128.9

 

高強度の地山補強土材

 高強度のために開発されたハイブリッド型(綱棒とPC鋼線)の材料もあります。この材料は200kNを超す強度があります。 アンカーの最小規格よりも大きい耐力を有しています。

材料名 材料径 引張強度(kN)
SPソイルネイル-SR型 SP29 203.8
 
高品質の補強材

 最近は、高品質の補強材も登場しています。

 「長寿補強土・植生型」(PDF) 長寿補強土(株) 

 「長寿補強土・モルタル吹付型」(PDF) 長寿補強土(株)